PROFILE

  • 20th_aniv

    BANTY FOOT

    2001年 地元名古屋にて活動開始。後に盟友DJ PRIMEが加入し、今のBANTY FOOTとなる。その後、星の数ほどの現場をこなし、レゲエシーンのキャリアを着実にステップアップ。

    2008年 東海地区 No.1 RADIO STATION 「ZIP-FM」で、レゲエ専門番組「REGGAE REVOLUTION」にてミュージックナビゲーターデビュー。

    2014年  ZIP-FMの音楽レーベル・マネジメント会社 ZIP NEXTより、待望の1st フル・アルバム「VANDARIDDIM」をリリース。アルバムリード曲「Run this way feat. MEGAHORN」がサッカー Jリーグ 名古屋グランパスのオフィシャルサポートソングに選ばれるなど、各方面から高評価を受ける。

    2015年 ZIP-FMにて、ラジオ番組、野外フェス、レゲエミュージック制作を一体化した大型レゲエプロジェクト「DIRECT」をスタート、毎年5月に名古屋市中心部・栄の久屋広場で開催するレゲエフェス「DIRECT」は、名古屋の夏のはじまりを告げる人気フェスに成長している。

     

    レゲエミュージック制作では、2014年の「VANDARIDDIM」から、最新作「DIRECT – ALL JAPANESE DUBPLATE MIX -」まで、オリジナルアルバム&MIXCD 計7枚をリリース。

    2018年リリースのアルバム「every day is a NEW DAY」からは、YouTube再生回数580万回超(2021年2月現在)の人気曲「交差点 featuring EXPRESS」を生み出した。この曲は、複数の野球選手の入場曲に選ばれるなど、BANTYFOOTを代表するナンバーになっている。

    2019年リリースのアルバム「DIRECT – ALL JAPANESE DUBPLATE MIX -」では、沖縄出身の新世代ラッパー「Rude-α」と日本が世界に誇る次世代ディーヴァ「遥海」の二人をフィーチャリングした楽曲「radio」を発表。BANTY FOOTは、ジャンルと世代を超えて、新しい音楽をプロデュースし続けている。

    2021年は、BANTY FOOTデビュー20周年の節目の年。JUN(MC)、DJ PRIME(セレクター)、新たに参加したBIRD MAN(セレクター)の3人体制で、レゲエファンはもちろん、あらゆるミュージックフリークにむけて、そして人生をもう一歩前に進めたい全ての人々にむけて、BANTY FOOT MUSICをこれからも贈り続けるために、BANTY FOOTは、日々奮闘中。

    これからも、BANTY FOOT からは目が離せない!

  • Jun_w500

    JUN

    愛知県名古屋市出身。2004年にCLUB RADIXで⾏われたSOUNDCLASH【ROAD TO TUFF ONE】で優勝。これを機に東海エリアから
    全国へ進出。海外アーティストや海外サウンドのサポートや、数多くのBIG DANCEに参加するなど、レゲエシーンで大きな実績を確立。
    サウンド・クラッシュから、大型フェスの総合司会、ラジオのナビゲーターまで幅広くこなす。
    また、豊田自動織機の実業団サッカー選手としても活躍した経歴もあり、レゲエとサッカーをこよなく愛す。

  • Prime_w500

    DJ PRIME

    名古屋市出身。中学⽣の時にスケートボードとともにレゲエミュージックに出会う。名古屋で活躍していたレゲエサウンドAXIS .TOTALIZE.DOUBLE-J INTERNATIONALのセレクターとして活躍。その後レゲエの本場ジャマイカに長期滞在&本物のレゲエを体の芯まで吸収、BANTY FOOTの音楽にリアルなレゲエヴァイブスを注入する存在。

    BANTY FOOT以外にも様々なアーティストのMIXも手がけ、スタジオエンジニアの能⼒も持ち合わせたマルチセレクター。

  • Bird-man_w500

    BIRD MAN

    岐阜県出身。大学生の時に出会ったレゲエミュージックに惹かれレゲエサウンドを始めセレクターとして活動。
    音楽の知識の豊富さを活かした選曲の広さが最大の武器。
    レコードPLAYにも定評があるベテランセレクターがBANTY FOOTに2021年加入。
    BIRD MAN名義の作品リリースなどBANTY FOOT20周年イヤーの勢いを加速させる存在。